唐古・鍵遺跡の復元された楼閣

唐古・鍵遺跡のなかでも目玉の一つともいえる復元された楼閣。国道24号線沿いからも、その姿が見えます。最初、この復元された楼閣を、道路から見たときは、「なんだ、あの変な建物は?」と思いました。でもりっぱに復元された唐古・鍵遺跡の楼閣だったんですね。
楼閣の高さは、12.5メートル。実際、見た感じでは、3階建てのビルぐらいの高さでしょうか。この楼閣は、発掘された土器片に描かれた絵を元にして復元されました。

発掘された土器片

↑これが、発掘された土器片。たしかに、復元された楼閣に似た建物が描かれていますね。

復元された楼閣

復元された楼閣。ちょっとした見張り台みたいな感じですね。調査では、宗教的な建物ではないかということが言われていたようです。こんなりっぱな建物だったんですね。残念ながら、中には入れませんでした。この楼閣に登れたら楽しかったのですが。

池の中に建つ復元された楼閣 池の中に建つ復元された楼閣

こんな感じで、池の中に復元された楼閣が建っています。

復元された楼閣の設計図かな

案内看板にあった楼閣の設計図っぽい図。屋根にある、くるんと丸まった装飾が、いいアクセントになってますね。このあたりに、なにか宗教的な意味合いがあるんでしょうか。

▲上へ戻る

サイトMENU

Copyright (C) 2007 唐古・鍵遺跡〜「なんだあの建物は?」〜. All Rights Reserved.